キャッシングの利息と比較

キャッシングを利用するならやっぱり利息は低い方が良いと思うのが当たり前です。私自身もキャッシングを利用する際に比較対象とするのは利息です。一昔前のキャッシング利息は20%を超えるのが当たり前の世界でした。しかし貸金業法が改正されたことにより利息制限法も変わりました。

今では高くても18%ぐらいです。小さい額をキャッシングするのであれば、そこまで利息についてナーバスに考える必要もありませんが、やはり金額が大きくなればなるほど、返済額の負担が増えたり、総支払額がかなり変わってきたりと、利息による影響を受けるのが本当に大きくなってきます。キャッシングをする前にはまずやる事は、金融機関が提示している利息で、何万円借りると、返済費用はいくらで、総支払額はいくらになるというシミュレーションをやっています。

これをする事によっておおよそどのぐらいの金額になるのかや、返済の計画も立てやすくなります。金融業者や利用額によって利息は変わる場合があるので、私がシミュレーションをやる場合は、あえて一番高い条件でシミュレーションをやります。もし契約した際、基本的にそれ以上は高くなる場合は無く、もし安くなったら余裕が生まれるので、返済額を増やしたりと計画を良い方向に向かわせる事が出来ます。


最近のキャッシングを提供している金融業者は本当に沢山増えてきました。昔はテレビなどで有名な一部の業者しかありませんでしたが、今は銀行系も含めると本当に数えきれないものになっています。

そうするとやっぱり顧客の取り合いという物が生じ、そこで競争が生まれます。他の業者といかに差別化が出来るかによって顧客を獲得するわけですが、その競争対象となっているのが、やはり利息です。ある業者は1か月無料であったり、またある業者は上限自体をすごく下げたりと、キャッシングの商品自体が今は多様化しています。もちろん審査基準や限度額も業者ごとにまちまちなのでどれが良いのかは、私も本当に時間をかけて検討する必要がありました。

もちろんそれ以外の限度額やキャッシングまでのスピードなど条件も加味して考える必要があったので、これだけ業者が沢山いれば、比較をする時間もかなり掛かってしまいます。ただ利息や限度額など諸々の条件を含めて良い条件の金融業者で利用出来るようになったので本当に助かりました。ただ今後も多種多様な金融業者が増えてくると思いますので、もし次にキャッシングを利用する場合はまた比較検討しながらどれが一番良いのかを考えて使いたいと思います。

メインメニュー