キャッシング初心者の苦戦

先月のことです、仕事先に主人の会社から電話が入り、突然倒れて動かなくなって救急車で運ばれたとの連絡が入りました。そのときは動揺しましたが、近所で働いている息子に帰ってきてもらい急いで搬送先の病院に向かいました。主人は一通りの検査を終えてICUで寝かされていましたが、その時には意識が戻っていたのでとりあえずは一安心です。

担当のお医者さまのお話によると、どうやら軽い脳梗塞が原因で倒れたとの事でした。しかし幸いなことに軽症なので、後遺症の心配は無いとの説明がありました。1週間ほど入院治療を受ければあとは通院だけで済む程度のようです。主人は申し訳ないと項垂れていましたが、呂律もきちんと回っており、意識もしっかりしていたのでホッとしました。

今は治療に専念するよう伝え、早く家に帰ることを目標にしようと話し合いました。とりあえずは当面の入院準備のために少ない預金をおろし、入院中の雑費に当てることになりました。しかし、恥ずかしながら我が家の資金繰りは苦しく、退院時の費用がどうにもこうにも払えそうにありません。息子も同様で、お金が足りなくなるとキャッシングで凌ぐという、貯金とは無縁の生活を送ってきたのです。


入院費用は分割で払える場合もあるようですが、通院治療を受ける主人に恥をかかせるのではと不安になりました。そこで息子と相談し、できる範囲でお金を用意することにしました。息子によると、今ではインターネットで簡単にキャッシングができるようです。ネットは初心者ですが、息子に1から教えてもらいながらキャッシングをする事になりました。

ネットが初心者ならキャッシングも初心者です、慣れない操作に戸惑いながらも申し込みを終え、審査に入りました。必要事項を相手に送ったあとは自宅で連絡を待つだけです。するとすぐに審査が通ったとの連絡が入りました。慣れないキャッシング初心者でしたが、何とか借り入れをすることができました。お金は翌日に振り込まれ、それを確認してすぐに近所のATMでお金を下ろしました。

このキャッシング初心者の奮闘ぶりは、のちに笑い話になってしまうのです。主人も無事に退院することができ、長かった通院治療もやっと終わりました。キャッシングの返済も無事に終了し、少しづつですが預金も始めています。今では以前とおなじような生活に戻っていますが、あの時のキャッシング初心者の苦戦ぶりは、今では笑い話になっています。

メインメニュー