キャッシングサービスを行っている会社は流通系、銀行系、専業系などがある

キャッシングサービスを行っている会社というのは、お金を扱っている所ということになる。お金を扱っている所というのはどういう会社かというと、まず思い浮かぶのは銀行であるが、キャッシングサービスは銀行以外の会社でも行っている。

どんな所かというと、たとえば、デパートやスーパーである。大手のデパートなどでは、買い物客向けにクレジットカードを発行している所がある。もし、そのクレジットカードを用いて、自社のデパートで買い物をすればポイントが付くといった仕組みになっている。

クレジットカードにはキャッシング機能がついているので、デパートやスーパーでも、キャッシングサービスを行っているということになる。このような、デパートやスーパーで発行されるクレジットカードを流通系のカードと呼ぶことがある。また、銀行系のカードというのも存在している。銀行でもクレジットカードを発行している所が多い。それと、銀行では、カードローンサービスがあるところが多く、そういったサービスでもキャッシングを行うことが出来る。

そして、忘れてはならないのが、消費者金融で行っているキャッシングサービスである。お金を借りるという観点からすると、消費者金融の場合、専門なので、専業系と呼ばれることがある。


銀行系のカードローンと専業系のキャッシングサービスというのは、かなり似ているサービスである。どの辺が似ているのかというと、クレジットカードと違い、ショッピングには使えず、お金を借りることしか出来ないという点である。

しかし、少し異なっているところもある。例えば、利率である。一般的に、銀行のカードローンの方が利率は低く、専業系の方が利率が高い。これはなぜかというと、銀行というのは、審査を厳しくして、安全に貸せる客を選んでいるので、利率を下げられるわけである。しかし、専業系の場合は、銀行の審査よりも甘いと言われている。

そのため、銀行のカードローンの審査には通らない人にもお金を貸す場合がある。そうなると、リスクが高くなるため、その分、利率を上げてカバーしているわけである。そのため、お金を借りたいという場合は、まず、銀行のカードローンに申し込んでみるというのが一般的である。もし、審査に通れば、低い金利でお金を借りることが出来る。

もし、銀行のカードローンの審査に通らなかった場合は、専業系のキャッシングサービスに申し込んでみるということになるだろう。最初に流通系のクレジットカードに申込み、そのカードでキャッシングするという方法もあるが、クレジットカードのキャッシングの利率というのは、一般的に専業系の利率と近いので、クレジットカードが必要というわけではないのなら、まず、銀行にカードローンに申し込んだ方がお得である。

メインメニュー